DBサンプル/iPod touchで棚卸

iPod touch、iPhone、iPad、いずれかのデバイスをお持ちなら、無料のアプリで簡単にハンディーターミナルが作れます。

FileMaker Go が13になり、単独でバーコードリーダーとして使えるようになりました。QRコードも1つのスクリプトステップでiPhoneやiPadからも作成できます。
( URL から挿入 [選択; ダイアログなし; QR画像を入れるオブジェクトフィールド; "http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&chs=100x100&choe=UTF-8&chld=L|0&chl=" & QRコード化したいデータフィールド] )

これでハンディターミナルで行っている棚卸を、iPod touchで代用出来ます。iPhoneやiPadでも出来ます。また、FileMaker Proでファイルを共有して、iPod touchで入出庫入力すると、リアルタイムに在庫管理ができます。高価で単調なハンディターミナルの画面とはお別れです。

FileMaker Go 13
FileMaker Go 13

第4世代のiPod touchでは、FileMaker Go 12とpic2shopが必要です。このアプリも無料です。 JANコードを読み取るのは読み取りラインにしっかり合わす必要があります。最近はQRコードを早く読み取れるようになりました。そこでJANコード番号をQRコードで表示してpic2shopで読み取るようにしました。これで作業効率が数倍早くなりました。取り消し線の文章と、pic2shopを使うスクリプトを復活させてください。

pic2shop
pic2shop

スクリプト一覧の中にはQRコード開発本家デンソーウエーブの
QRdeCODEを使った読み取りも入れてあります。
(入力画面のボタンでQRdeCODEは動きません。)
このアプリのQRコードは瞬間読み取りです。JANコードも読めますが、QRの読み取りほど早くはありません。
こちらは有料で、170円です。

QRdeCODE
QRdeCODE

1.メニュー画面

メニュー画面

どのように動作するかというと、

  1. メニュー画面より「入力」ボタンを押す。
    (前回のデータが残っていたらデータクリアする)

  2. 「入力」画面でQRコードを読む時は「QR」ボタンを押し、JANコードを読む時は「JAN」ボタンを押します。
    (新規レコードを作成して、pic2shopを呼び出す)


  3. pic2shopのScannerでQRまたはJANコードを読む
    (コード番号を読み取り、自動でFileMaker Goに戻る)


  4. 2. 3.の行程が「Scan」ボタンでカメラが立ち上がり、JAN、QRどちらでも読み取れます。

  5. 読み込んだコード番号をフィールドに設定し、それをキーに商品マスタから価格、商品名、商品写真をルックアップ、商品データを確認後、数量を入力する。
    (これを操作を繰り返して全ての在庫数を入力する)

  6. データを全て入力し終えたら、メールに添付して送信する。
    (JANコード番号と数量のCSVデータ)

2.「入力」画面、4.JANコード取り込み後

入力画面

「JAN」または「QR」ボタンを押すと、どちらでもpic2shopが立ち上がりますが、「JAN」ボタンからは1次元バーコードを「QR」ボタンからは2次元マトリックスコードを取り込みます。

ボタン名に合わないコードを読むと英文字が表示されてしまいます。(取込スクリプトがJANとQRで少し違うので、別々のボタンを付けています。)

pic2shopのScannerが立ち上がり、赤い線をJANまたはQRコードに合わすとコード番号を読み取ります。(pic2shopのPreferencesをStart with scanに設定しておく)

FileMaker Goに戻って、指定したフィールドにコード番号が取り込まれ、商品マスターより参照されたデータと実物との確認をし、数量を入力します。(QRdeCODEアプリを使う場合は、JANもQRも同じスクリプトで取り込めます。)

Go 13になり「JAN」「QR」ボタンは無くし、「Scan」ボタン1つにしました。これでiPodのカメラが起動し、JANコードでもQRコードでも読み取れます。シンプルになりました。

3.pic2shopでバーコードを読み取る

pic2shopスキャン

 

棚卸データの処理

メール転送

収集した棚卸データは、ファイルがホストされたリモートファイルを開いているなら、ファイルメーカーで自由に処理できますが、ここではiPod touchのデバイス上のファイルにデータを収集したとし、JANコード番号と棚卸数だけをCSVに書出し、メールに添付して送信するようにしています。

 

商品マスタ

商品マスタ

この商品マスタは別テーブルにサンプルとして付け足しました。リレーションキーはJANコードで、ルックアップさせています。

この商品マスタを入力するために、棚卸入力と同じ仕組みを使って、手元にある商品のJANコードを取り込んで、Web検索で表示しています。サンプルデータは表示されたデータをパソコンで各フィールドに貼り付けて作りました。「書式OFF」ボタンは貼り付けた商品名の書式クリアに使います。

このテンプレートをデバイスに保存すればFileMaker Proがなくても使用できます。また、アクセス権の規制はしていませんので、FileMaker Proでご自由に変更して使って下さい。

2013.6
QRコードの読込ボタンを追加しました。

2014.4
FileMaker Go 13のバーコードスキャンに対応

2015.4
pic2shopのほうが読み取りが早いようです。

テンプレートのダウンロード