生産予定表

長らくエクセルで運用していた生産予定表を1998年にファイルメーカーに移行しました。クラリス社からファイルメーカー社に変わった記念の年です。このエクセルファイルは1日に4件の生産計画が立てられます。生産数と生産速度から作業時間を割り出し、マクロを使って日程をグラフ化、生産順位の変更、1週間分の印刷、新規シートの作成を行います。

入力編集シート

入力編集シート

1シートに生産開始日(月曜日)より、1日4工程で6週間分の入力が出来ます。予定が5週目から6週目にかかると、5週目の初日を生産開始日に設定した新しいシートを作成し、前の5週目、6週目の予定を新しいシートの1週目、2週目にコピーします。

予定を追加・変更する都度に、「グラフ更新」ボタンを押してグラフを書き換えます。

印刷用シート

印刷用シート

各週の「印刷ボタン」より1週間分の予定表を印刷用シートに移して印刷します。

生産順位の変更

生産順位変更ダイアログ

「生産順位変更」ボタンを押すと、このダイアログが現れて、生産順位(期日)を変更することが出来ます。順位1を3に変更すると、2以下が繰り上がります。「選択した生産順位を交換します。」にチェックを入れると、順位1と3が入れ替わります。行の選択ラジオボタンを選ぶことで、選んだ行より下に4行まで一緒に変更できます。

ファイルの公開にあたり入力項目を減らしたので、マクロを全て修正しました。マクロのないMac版2008では動きません。

このような予定表を表計算ソフトで作るとしょぼいですが、ファイルメーカーで作ると、データの並び替えや検索、予定、実績金額などのレポートが、全データを対象に範囲指定できるので、とてもリッチになります。

生産予定表のダウンロード