DBサンプル/ネットショップ管理

ネットショップの受注から発送までを管理。

ネットショップの受注メールから必要なデータを取り込み、お客さんへの注文開始メール、発送完了メールの送信や発送手配書、納品書、領収書などの書類印刷と入金の管理をします。

顧客情報や受注情報などサーバからCSVデータで取り込むのではなく、サードパーティーのプラグインを利用し、メールをファイルメーカーで受信します。そのメールから必要な情報がある位置を計算し自動で各フィールドに取り込みます。お客さまへの対応メールもファイルメーカーから直接送信します。注文メール受信から発送完了まで一括管理が出来ます。

また、ヤマトの送り状発行ソフトB2を利用して、ファイルメーカーからB2へ顧客データを書き出すことで、発払い、代金引換、メール便など、ボタン操作だけで、送り状を発行できます。

送り状番号はB2より書き出して、ファイルメーカーの受注データに取り込みます。Webビューアで送り状番号をアドレスに指定すれば、配送状況がファイルメーカーで確認できます。
(この機能はテンプレートには付いていません)

レンタルカートは名前が似ている、ショップメーカーを使用。
メール受信のプラグインは、POP3it Proを使用。
ヤマト運輸の送り状発行ソフトB2で送り状発行。
(B2はWindowsだけの対応ソフトです)

商品在庫管理、商品別売上管理、手配書、納品書、請求書、領収書、見積書、月間売上統計、銀行入金管理、顧客管理、購入履歴、コメント管理、配送状況確認

 

注文メールの取り込み

注文メールの取り込み

未処理は赤字で表示。

注文メールの取り込み

受注入力ボタンで受け付け番号以下の本文を取り込む。
POP3it Proのテンプレートをそのまま利用。

 

メール本文からデータの取り込み

メール本文からデータの取り込み

メール本文からデータの取り込み

受注メールは決まった書式で送られてくるため、必要なデータの位置情報を計算し、自動的に各フィールドへ取り込む。

 

顧客情報の取り込み

顧客情報の取り込み

ここでもメールのお客さま情報から必要なデータの位置情報を取得し、各フィールドに自動で取り込みます。注文履歴や住所情報の地図も表示できます。

 

注文商品の取り込み

注文商品の取り込み

注文商品は確認のため、1個ずつ商品番号をダブルクリックし、ペーストボタンを押すと商品データが取り込まれます。

 

処理状況をフローチャート式に管理

処理状況をフローチャート式に管理

フロー処理により、支払方法に応じた対応をします。未処理は赤で表示、ボタンで処理をすると、青の表示にかわります。
顧客からのコメントも貼り付けて管理します。

 

一覧画面で同時にたくさんの受注処理を確認

一覧画面より同時にたくさんの処理

支払方法に対しての受注処理の違い、処理終了時のメール発送、領収書、請求書、納品書などの印刷状況や入金状況をアイコンで表示し、受注ごとの処理状況が一目でわかります。月ごとの集計や商品別売上状況もファイルメーカーだと簡単です。

このテンプレートはタブコントロールが実装されていないVer.7の頃に作ったものです。また、実際に使っているローカルな機能を外しています。注文メールからの情報取得はご利用のカートにより計算式を変更してください。

ネットショップテンプレートのダウンロード
FileMaker Pro評価版のダウンロード